住宅ローン減税とは?

住宅ローン減税とは、正式には「住宅借入金等特別控除」と言う名称で、住宅を新築または購入、増改築する際に住宅ローンを利用した場合、毎年、年末(12月末)時点の住宅ローンの残高の1%を所得税の対象金額から控除することができるという減税措置です。
控除を受けられる期間は最長で10年間で、銀行など公的金融機関から借りた住宅ローンでなければ控除は受けられません。
つまり、「親から借りた」とか「友人から借りた」という融資は対象外ということです。
又、勤務先の従業員向けの組合からの融資もダメということです。
他に控除の対象となる条件は、住宅ローンの債務者が住む住宅のローンであること(親兄弟のための住宅はダメということです)や合計所得金額(年収ではありません)が3,000万円以下などの条件もあります。