国際分散投資ってどんな意味?

オンライントレードは今や、国内のメーカー株にとどまらず、全世界の株や債権に取り引きの幅を広げています。
これを、国際分散投資と呼びます。
なぜ国際分散投資が広まったかというと、それだけ日本の経済に不安を抱いている人が多いからでしょう。
これから発展が期待される、中国やインド、ロシアやベトナムなどの新興国に投資をして、資産を増やす投資家が多くなっています。
各国の株を買う場合、取り引きに強いネット証券は違うので、一概に「オススメはここ」とは言えません。
どのような特性があるか見極めておくことは大切でしょう。
また、個別株と投資信託によっても取り扱いが違って来るので、どのような銘柄や債権に投資をするのか、しっかりとリサーチしておかなければいけません。
ネット証券個人向け国債キャンペーン比較【中途換金変動10年】