社会保険労務士を取ってからファイナンシャルプランナーの資格を取る人も多い?

社会保険労務士は、士業の中では唯一会社勤務形態でも士業登録可能な資格です。
他の士業は独立開業しか認められません。
それゆえこの資格で活躍できる場は広いです。
勤務形態では企業の人事部や総務部に所属できれば、本来の業務である社会保険手続きに加えて、個別の人事案件や給与計算処理にも携わることができます。
人事以外でも、例えばファイナシャルプランナーの資格も取得すれば、その道でも社会保険労務士の知識を活かすことができます。
独立開業する場合は、もし個人での開業が不安であれば、有資格者を集めて社会保険労務士法人を共同設立するとか、既存の法人に参加することができます。
他には近年は法律・会計のワンストップサービスを標榜する事務所も増えていますので、人事のエキスパートとして参加するのも能力を活かせるチャンスです。
社会保険だけではなく人事全般のプロという視点に立てば、他にも資格を活かせる場はまだまだあると思います。