椎間板ヘルニアの温存療法って?

みなさんは、椎間板ヘルニアの温存療法をご存知ですか? 椎間板ヘルニアというヘルニアは、その90%までもが、手術をしなくても痛みが取れていき、いずれは治るお話を以前しましたが、覚えていますか。
ほんの10%・・・つまり、一割程度の方がただけが手術をすることになりますよね。
痛みがひどい場合、手術をしてでも治したいと思われる方もいるでしょう。
しかし、少し我慢をして温存療法をすることでも、治ってくれるなら、その方が良いと思いませんか。
というわけで、今回は、椎間板ヘルニアの温存療法についてのお話していきますね。
温存療法では、消炎剤や鎮痛剤、筋弛緩剤などを内服し痛みを和らげながらコルセットや腰痛ベルトなどで固定をして、安静をとるのです。
どうしても、痛みがひどい場合などは「ブロック注射」という注射をする事もあるのです。
また、血行を促すための温熱療法も行われるのです。
温熱療法は、筋肉の緊張と痛みもとってくれるので、簡単で効果も実感できる良い治療法なのですよ。
他に、低周波治療という治療も行われるのです。
ストレッチに関しては、以前の記事「ヘルニアになった方のためのストレッチ」に詳しく書いてあるので、そちらもまだお読みになっていない方は、ぜひご覧になって頂きたいと思うのです。
松山市整体ライフ・フォース【肩こり・腰痛・頭痛・スポーツ障害なら】